SGホールディングス
トップページ ソフトボール部紹介 部員紹介 スケジュール 競技結果
TOPページソフトボール部紹介ソフトボール部活動報告バックナンバー>2011年 秋季強化合宿
ソフトボール部紹介
応援Message
  ソフトボール部紹介 ソフトボール部活動報告
2011年 秋季強化合宿

【次期キャプテン:柳瀬 友紀】

11月20日〜26日までの1週間、とても素晴らしい環境と天候の中で合宿を行いました。
私自身、瀬戸内パークでの合宿は5回目でしたが、今回は次期キャプテンとして初めての合宿でした。そのため、合宿の個人目標の中には『はっきりとした指示の声を出す!』という目標を含め、合宿に臨みました。初めは指示を出すタイミングが悪かったり、曖昧な言葉で指示を出したりしていましたが監督やコーチ・チームの仲間からもアドバイスをいただき、日を積み重ねるごとにより良いタイミングで指示を出すことができるようになり、また、はっきりとした言葉で伝えることができるようになりました。私の伝え方次第でチームの行動が変わることにも気づき、とても勉強になる充実した毎日を過ごすことができました。今回の合宿を通じて私がソフトボールを思い切りすることができるのも、会社の皆さん・応援してくださるファンの方々・家族、そして共に頑張っている仲間の支えや協力があるからこそだと肌で感じました。
1週間、合宿に集中できるようにたくさんのお心遣いをしてくださった瀬戸内パークの皆さん、本当にありがとうごいました。来シーズン成長した姿を見ていただけるよう、チーム全員で強いチームを作っていきます。

【次期副キャプテン:桃原 明希】

2012年度に向けた、新チームとしての初めての合宿へ、私自身は次期副キャプテンとして望みました。まず基礎となる体力(体幹)トレーニングを中心に進め並行して守備・走塁練習も行いました。グランドではもちろんグランド以外の生活面が私達スポーツ選手には特に大切だということ、それを常日頃から意識して集団生活を送ること。一人の社会人として自立していくために合宿期間中も『挨拶』・『返事』等、基本的な生活態度を見直し、改善できるように全員で取り組みました。
個人的には今回から次期副キャプテンという立場として、監督・コーチ・次期キャプテンの意図を選手に伝えるための役割も担っているので、7日間を終えて一番強く思ったのは『技術面・生活面において選手同士のコミュニケーションをもっと増やしていきたい。』ということでした。普段とは違う環境に行かせてもらい、グランド以外の部分でもっと勉強していきたいと思います。
滞在中は、瀬戸内パークのスタッフの皆さま全員でサポートしていただき本当にありがとうございました。この合宿がしっかり実を結ぶよう、一人一人自覚と責任を持って精進していきます。

【駒野 まみ】

今年の2月上旬の瀬戸内パークでの合宿では、25年振りの大雪の時と重なってしまい、グランドで練習する時間が少なかったのですが、今回は天候にも恵まれ、グランドで思いっきり練習をすることができました。
今回の合宿には、来年度入社の内定者も3日間参加して、一緒にトレーニングと守備練習を中心に行いました。『走攻守』全てのプレーにおいて重要な体幹(コア)を鍛えるトレーニングでは、ペア同士で目標を決め、お互いの形を指摘し合うことでより質の高いトレーニングを行うことができました。守備練習では、基礎練習・フォーメーションノック(試合形式ノック)を行いました。
この合宿期間中に練習に集中できたのも美味しい料理・合宿しやすい環境を作ってくださった瀬戸内パークの皆さまのお陰です。恵まれた環境でソフトボールができることに感謝しています。また次回、笑顔でお会いできることを楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。

バックナンバーはこちら

インフォメーションリンク