SGホールディングス
トップページ ソフトボール部紹介 部員紹介 スケジュール 競技結果
TOPページソフトボール部紹介ソフトボール部活動報告バックナンバー>ショートダイアリー : 「宮崎強化合宿」
ソフトボール部紹介
応援Message
  ソフトボール部紹介 ソフトボール部活動報告
ショートダイアリー : 「宮崎強化合宿」 (梅村 麻弥、山科 真里奈、上田 千裕)

1月24日〜30日、宮崎県強化合宿を行いました。

ショートダイアリー : 「宮崎強化合宿」

【梅村 麻弥】

今年の宮崎合宿は、天候にも恵まれ1週間の期間中とても良い環境で練習を行うことができました。練習内容は、主に午前中は砂浜で体幹を鍛えるトレーニング、午後からは久峰野球場へ移動し、技術練習を行いました。今回、チーム全員でトレーニング内容と指示の声出しにおける目標を決め、日々達成するべく全員で取り組みました。合宿当初はなかなか達成することはできず、その度にミーティングで意見を出し合い、全員で課題に向き合い続けました。その結果、最後には目標を達成し、合宿を終えることができました。今回の合宿は個人的にもそしてチーム全体を通しても改めてウィークポイントが発見できました。それと共に、全員で課題に向き合うことで仲間との本当の関わり合い方が掴めました。まだまだ課題は残っていますが、チームが一歩前進できたと感じられる合宿でした。

ショートダイアリー : 「宮崎強化合宿」

【山科 真里奈】

1月24日〜30日まで、宮崎県で強化合宿を行いました。今年のチームのテーマである“前進”をテーマに1週間取り組みました。練習の中には普段なかなか体験することのできない砂浜でのトレーニングを午前中に行いました。いつもの足元が安定している所で行うトレーニングとは全く違い、不安定な状況の中でバランスをとることが困難でした。普段筋肉痛にならない所が筋肉痛になりましたが、毎日ペアの関根さんとトレーニングの形を意識し、指摘し合いながら継続することで、徐々にバランスをとるコツが掴め、体がぶれなくなりました。午後からのグラウンド練習では、ノーエラーノックや打撃練習を行いました。ノーエラーノックとは、内野・外野に分かれて、決められた本数を全員が完璧にクリアする練習です。なかなか全員がクリアすることができず、厳しい言葉も選手の中で飛び交いましたが、全員が最後まで諦めることなく取り組んだ結果、目標を達成できました。この合宿では技術だけでなく、精神面も鍛えることができました。1つのプレーに対して、ただこなすのではなく、今以上に頭を使い考えてプレーすることの大切さを学びました。このような素晴らしい環境の中で1週間も合宿させていただきとても感謝しています。お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。宮崎合宿で学んだことを活かし、これからの日々の練習に取り組みます。合宿最後の砂浜練習での『400Mターバル』1本勝負!全員で走り切り、私は1番を取りました。皆、ナイスランでした!!

ショートダイアリー : 「宮崎強化合宿」

【上田 千裕】

1月24日から1週間、冬季強化宮崎合宿を行いました。私は昨年、新人として参加し、練習メニューについていくのが精一杯だったのですが、今年は2年目を迎え新たな気持ちで挑みました。宮崎県は、気温が暖かく、動きやすさを実感しました。ほぼ毎日、午前中は砂浜でのコアトレーニング(体幹トレーニング)を行いました。日頃、体験できない足場が不安定な中でのトレーニングは力の入れ方次第で、体のバランスを崩されたり、足を取られたりしました。常に体幹部分(コア)に力を入れ続けて行いますので、普段と違う部分が筋肉痛になりました。午後からのグラウンド練習では、試合同様の緊張感を保つべく、ミスのできない状況を想定した中での守備練習(ノーエラーノック)を行いました。打撃練習ではしっかりバットを振り抜き、飛距離を出すことや強く打つことを目標にした中で、砂浜のバランスを思いだし体幹で打つことを実践しながら打ち込みました。全員でいつもとは違う声掛けをしたり、時には厳しい言葉を投げかけ、気持ちの部分も追い込みながら技術を追求し続けました。宿泊先に戻れば、美味しい食事が待っていて『また、明日も頑張ろう!』と思えました。この1週間で体力面・精神面を鍛えることができました。これからがシーズンに向けた大事な時期になります。宮崎合宿を次に繋げていくために、合宿で感じたこと・学んだことを活かしていきます。宮崎の皆さま、本当にありがとうございました。

「宮崎強化合宿」

バックナンバーはこちら

インフォメーションリンク