SGホールディングス
トップページ ソフトボール部紹介 部員紹介 スケジュール 競技結果
TOPページソフトボール部紹介ソフトボール部活動報告バックナンバー>ショートダイアリー : 「守山夏季強化合宿」
ソフトボール部紹介
応援Message
  ソフトボール部紹介 ソフトボール部活動報告
ショートダイアリー : 「守山夏季強化合宿」(永渕 舞、兵頭 花帆)
ショートダイアリー : 「守山夏季強化合宿」

【永渕 舞】

7月17日(火)〜21日(土)の5日間、滋賀県守山市の守山球場にて、決勝トーナメント出場に向けた大事な強化合宿が行われました。内容は、午前に守備練習、午後は打撃練習とトレーニングを中心に行いました。守備練習の中で感じたことは、ボール回しで低いボールを投げる、また、相手の構えている位置より上にボールがいった場合はやり直しと状況を設定しながら、投げる形、捕る際の声かけまでもが今までとは変わると実感しました。私は、「確実に投げること」がきちんと身についていなく、何度も反復練習を行いました。『よしっ!』と決心して入ったボール回しでは、全員で決めたテーマに対して取り組みました。今回、私は初めてノーエラーノックを経験しました。投手・内野・外野に分かれて決められた本数の中で、捕球・送球全てにミスができない状態を作り出し、20分間行うといった練習です。私は内野グループに入り、事前にグループで決めた『確実に捕り、送球は低いボールを投げること』を目標に掲げ挑みました。その日は天候が悪く、万全なグラウンドコンディションではありませんでしたが、そんな状況の中でも目標に対して甘えることなく、厳しい言葉も飛び交い、結果、投手・内野・外野と全てクリアすることができ、気持ちの持ち方次第でどんな状況でも目の前のことを必死に取り組めば何ごとも達成できると実感しました。個人的にも今回の合宿における目標を決めていました。それは「声を出し続けること」でした。目標に対して何度か指摘されましたが、仲間からのアドバイスもあり、私自身も声の大事さが分かりました。これからは、当たり前にできるように私自身も変わっていきます。今回の合宿で感じたこと、学んだことを後半戦までの練習で活かし、発見した課題は必ず克服していきます。

ショートダイアリー : 「守山夏季強化合宿」

【兵頭 花帆】

7月17日(火)〜21日(土)の5日間、滋賀県守山市の守山球場にて、私は、初めての強化合宿に参加しました。今回は合宿のテーマに『監督から出た指示に対してすぐに自分で考えて、すぐに行動すること』を掲げ、チームで取り組みました。強化合宿で初めて私が経験したノーエラーノックは、より試合に近い状況に追い込み誰1人ミスが許されない状態を設定して行われるといった、とても緊張感のある練習でした。突然の大雨の中、ぬかるんだグラウンドでの練習でしたが、内野2班・外野1班・投手1班の4班に分かれて行った「ノーエラーノック」を経験して分かったことは、1つのボールを必死に追いかけ『絶対に達成する!』とお互いを信じてやれば、自然と声も出て、相手が投げてくる送球を何が何でも受け止めることの大切さを体感し、目標を達成できるということです。練習中、私の捕球ミスでやり直しになったりして悔しい思いもしましたが、同時に捕球の仕方の課題が発見できました。この合宿では自分のことだけに囚われることなく、相手のことを考えてプレーすることができました。また、1つ1つの行動、いただくアドバイスには必ずポイントがあり、それぞれに関連性を感じて聞くことの大切さ・色んなことに対応・応用して考えて行動することの意味を知りました。このように、感じたこと・発見した課題を克服するために、後半戦に向けて日々努力していきます。

ショートダイアリー : 「守山夏季強化合宿」
ショートダイアリー : 「守山夏季強化合宿」
ショートダイアリー : 「守山夏季強化合宿」

バックナンバーはこちら

インフォメーションリンク