SGホールディングス
トップページ ソフトボール部紹介 部員紹介 スケジュール 競技結果
TOPページソフトボール部紹介ソフトボール部活動報告バックナンバー>第68回国民体育大会近畿ブロック大会
ソフトボール部紹介
応援Message
  ソフトボール部紹介 ソフトボール部活動報告
第68回国民体育大会近畿ブロック大会

8月16日(金)から18日(日)の3日間、奈良県天理市にある長柄総合運動公園にて第68回国民体育大会近畿ブロック大会が行われました。今大会は全国大会出場枠2枠を賭け、京都府は(SGホールディングスグループ佐川急便15名・日立マクセル1名(篠田美穂選手))の16名で出場しました。
1回戦は和歌山県と対戦し、4回で14点を奪い、結果4対14(4回コールド)で勝利。2回戦は大阪府と対戦し、雷のため4回でサスペンデットゲーム(一時停止試合)となりました。2点リードしたまま17日(土)9時から再開され、結果2対0で勝利。第1代表戦へと進みました。
第1代表枠を賭けた試合は兵庫県と対戦。京都府は兵庫県に3点をリードされ、6回まで得点することができませんでした。試合はそのまま最終回を迎え、京都府は最後の攻撃に粘りを見せ2点を奪うもあと1点及ばず、結果2対3で敗退しました。
次に、第2代表枠を賭けて大阪府と今回2回目の対戦となりました。試合は、先発の関根有希投手が毎回3者凡退で試合のリズムを作り、攻撃に託します。試合が動いたのは5回表。1番田中里依選手がセンター前ヒットで出塁、2番柳瀬友紀選手が送り1アウト2塁。3番増野瑠奈選手が失策を誘い、1アウト1・2塁とチャンスを広げます。4番松下友里選手は相手投手の力投に抑えられ2アウト1・2塁とし、5番篠田美穂選手(日立マクセル)が左中間に弾き返し待望の1点を先制します。その後、京都府は1点をリードしたまま7回裏を迎えます。しかしこの回、大阪府に1番を死球・2番が安打で0アウト1・2塁とされると3番に左中間に弾き返され、これが走者一掃となる逆転サヨナラタイムリーヒットとなり、結果1対2で敗退。京都府は第3位となり、全国大会の出場枠を獲得することができませんでした。

8月31日(土)からは日本リーグ後半戦が始まります。決勝リーグ進出に向け日々全力で頑張ってまいりますので、これからもご声援のほど、よろしくお願いします。

第68回国民体育大会近畿ブロック大会
第68回国民体育大会近畿ブロック大会
第68回国民体育大会近畿ブロック大会

バックナンバーはこちら

インフォメーションリンク