SGホールディングス
トップページ ソフトボール部紹介 部員紹介 スケジュール 競技結果
TOPページソフトボール部紹介ソフトボール部活動報告バックナンバー>ショートダイアリー : 「熊野オープン大会」
ソフトボール部紹介
応援Message
  ソフトボール部紹介 ソフトボール部活動報告
ショートダイアリー : 「熊野オープン大会」 (寺本 有希、松下 美稀)
寺本 有希選手

【寺本 有希】

3月7日(金)〜10日(月)、三重県熊野市でおこなわれた第16回熊野オープン大会に参加しました。4日間、天候にも恵まれ全7試合をおこないました。この大会はオフシーズンに積み重ねてきた練習を初めて実戦で試す場となりました。
7試合を通して感じたことは、決めたことをやりきることの難しさです。冬の間に下半身を使って振り切るバッティングを練習してきましたが、実戦となるとそのときのピッチャーのタイプやボールカウントなど心理状況によって意識する所が変わってしまい、思い通りのバッティングができませんでした。事前にこのピッチャーに対してはこう打つ!と戦略を立て、それを心理状況に左右されずに実行することがチャンスの場面で打つために必要なことだと感じました。
また、チーム全体への指示や投げ掛けを、どう自分のポジションでとるべき行動へ変換して考えられるかということも大切だと感じました。さらに、私自身今シーズンで5年目となるため、チームの中堅として自ら積極的に声掛けをおこなったり、スタッフの方や選手とのコミュニケーションを取ったりしていきたいと思いました。
課題も収穫も多かった今大会でしたが、出来たことは自信にし、できなかったことはしっかりと受け止め、克服していきます。そして、ソフトボール以外でもしっかりと自分の意志を持ち、自立した考え方を持てるよう努めたいと思います。残り約1カ月となった開幕戦に向けて、1日1日無駄にせず使命感を持って練習に取り組んでいきます。応援よろしくお願いします。

松下 美稀選手

【松下 美稀】

3月7日(金)〜10日(月)、三重県熊野市でおこなわれた熊野オープン大会に出場しました。
今回は2つのテーマのもと試合に臨みました。1つ目は「思ったこと、感じたことを全て声に出す。チームメイトからの声掛けに必ず応答」することです。私の守備のポジションはセンターですが、センターは外野手を動かす役目があります。そこで、このテーマを守備のときに特に意識しながら、今まで以上にバッターの傾向、ピッチャーのボールの質、打球の飛びそうな方向などを考え、声に出して外野を動かしていきました。その結果、次につながる良い経験となりました。私の目指している「鉄壁の外野」になれるよう、課題については継続して取り組んでいきます。
2つ目は足を使った攻撃です。今回は塁に出る回数が少なく、まずは塁に出ることが課題として残ったものの、引き続き走塁のレベルアップを図りながら開幕戦まで練習を重ねていきます。
この大会を通して多くの課題が出ましたが、一人ひとりが課題をクリアし自信を持って開幕戦を迎えられるよう、日々の練習、オープン戦、全てに全力で取り組んでいきます。

バックナンバーはこちら

インフォメーションリンク