SGホールディングス
トップページ ソフトボール部紹介 部員紹介 スケジュール 競技結果
TOPページソフトボール部紹介ソフトボール部活動報告バックナンバー>ショートダイアリー : 「夏季強化合宿」
ソフトボール部紹介
ソフトボール部紹介
ソフトボール部活動報告
バックナンバー
応援Message
  ソフトボール部紹介 ソフトボール部活動報告
ショートダイアリー : 「夏季強化合宿」 (野添 由加、森田 歩)
野添 由加選手

【野添 由加】

7月2日(水)〜9日(水)までの8日間、青森県弘前市はるか夢球場にて夏季強化合宿を行いました。合宿期間中は天候にも恵まれ、また周りの方々のご配慮により1日1日充実した合宿を行うことができました。
私は今回の合宿では、走者をアウトにするための「伸びのある正確な送球」を目標に掲げ、守備における「送球」を中心に取り組みました。全身を使っての遠投や、捕球後すぐに投げる練習では、喜多監督より様々なアドバイスをいただきました。アドバイス後は、投球時の体のバランスやタイミング、体重移動の感覚が変わりました。また、送球が乱れたときにはその原因を追究し、すぐに修正することを心がけました。今後さらに磨きをかけ、安定させていきたいです。

合宿期間半ばの7月5日(土)には、弘前市内の中学生・高校生を対象とした講習会を行いました。内容はまず私達がプレーし、その後いくつかの班に分かれ、声出しやウォーミングアップ、技術練習の講習をするというものです。
最初は、大きな声を出すことに抵抗のある生徒さんが多かったのですが、なぜソフトボールでは声を出すことが大切なのか説明することで、自然と大きな声を出せるようになっていきました。
ウォーミングアップでは、普段私達が行っている動きを多く取り入れました。最初は慣れない動きに戸惑っている様子でしたが、体のどこを動かすのか重点的に説明したり、ゲーム形式を取り入れたりすることで、楽しく進められました。
最後に技術講習を行い、私は捕手を担当しました。最初は基本的な練習で、構え方、二塁への送球、ワンバウンド捕球の練習を行いました。
練習中は、「できなくてもいいからまずはやってみよう」と声掛けし、皆さん一人ひとりが真剣に話を聞く姿や、分からないことがあればすぐに質問をしてくれる積極的で前向きな姿勢は、私自身とても勉強になりました。短い時間ではありましたが、最後には「とても勉強になりました」といった感想もあり、とても有意義な時間となりました。

合宿の開催に際し、朝早くからグラウンドの準備等、各種ご手配いただいた球場スタッフの皆さま、8日間本当にお世話になりました。とても良い環境の中、ソフトボールに打ち込めたことに感謝をし、後半戦に向けてさらにチーム一丸となり練習に取り組んでまいります

森田 歩選手

【森田 歩】

7月2日(水)〜9日(水)までの8日間、青森県弘前市はるか夢球場にて夏季強化合宿を行いました。普段と違う環境での合宿は、ソフトボールのことだけに集中できる有意義な時間となりました。
守備練習のノックでは、捕球から送球までの一連の流れを意識したフォーメーションを行うことでプレーの幅が広がり、また新たな課題が見つかる等、多くの収穫を得ることができました。
打撃練習では新しい練習方法を教えていただきました。スタンスを広くとり、下半身をしっかり使って低めのボールを打つことで、飛距離も伸び打球も速くなりました。これまでとの変化を実感することができ、今後も継続して練習を重ね体得したいです。
練習の合間や練習後に行ったランニングメニューやウエイトトレーニング、体幹トレーニングでは、互いに声を掛け合い、常に「このメニューは何のために行っているのか」と目的意識を持つことを心がけました。
また、この合宿ではグラウンドだけではなく、宿舎に帰ってからも考える時間を設けました。「ブレない心」をテーマに話し、一人ひとりが感じたこと、心に残ったことを発言することで、聞く力、話す力、そしてブレない心を作るにはどうしたらよいかを考えました。この時間を踏まえて翌日の練習に臨んだことで、自分の技術練習に対して、より丁寧に考え取り組むことができました。
今回の合宿で学んだ考え方、取り組み方を今後の練習で活かし、後半戦で良い結果が残せるよう引き続き練習に励んでいきたいです。
最後になりますが、このような素晴らしい環境で合宿を行うことができたのは、はるか夢球場のスタッフの方々が協力してくださったお陰です。
本当にありがとうございました。

ランニング
講習会全体写真

バックナンバーはこちら

インフォメーションリンク