SGホールディングス
トップページ ソフトボール部紹介 部員紹介 スケジュール 競技結果
TOPページソフトボール部紹介ソフトボール部活動報告バックナンバー>ショートダイアリー : 「中体連講習会」
ソフトボール部紹介
応援Message
  ソフトボール部紹介 ソフトボール部活動報告
ショートダイアリー : 「中体連講習会」 (桃原 明希)
ウォーミングアップ

【マネージャー 桃原 明希】

11月30日(日)、守山市守山南中学校にて、中学生を対象としたソフトボール講習会が行われました。当日は天候にも恵まれ一日中とても暖かく、集中して講習会に取り組むことができました。
開講式終了後、学校別で5つのグループ(内1グループは各学校のバッテリー)に分かれて講習会をスタートしました。最初のプログラムは「声出し」でした。最初は恥ずかしそうにしていた中学生も、お腹から大きな声を出すことで段々と表情が明るく元気になり、次に行ったウォーミングアップでは各グループともしっかり声を出して取り組んでいました。
ウォーミングアップ終了後は、キャッチボール、ゴロ捕球、ノックと守備練習を中心に進め、キャッチボールでは、ステップの出し方や腕の振り方等、基本のフォームを練習しました。その後、私達が実際に送球をしている姿を見せイメージを掴んでもらえるように指導しました。また、ゴロ捕球の練習では、捕球体勢に重点を置き「股割り」を実施しました。初めて経験する中学生もいましたが、これも私達の真似をして一生懸命取り組んでくれました。
午後の打撃練習では、田中里依選手、山科真里奈選手、松下美稀選手によるデモンストレーションから始めました。フリーバッティングの飛距離に中学生からは1球ごとに歓声が上がり、飛距離を出すコツについて質問が飛び交いました。またグループ練習の際も、時間ぎりぎりになるまでアドバイスを取り入れながら何度も挑戦し、最後にできたときには達成感に満ちた笑顔も見られました。
講習会の最後のプログラムは、樋口麻知子投手と各中学校の代表選手との1打席対決でした。バッターに入った中学生は、とても真剣な表情で樋口投手のボールに食らいつき、中学生がヒットを打ったときには、チームメイトや他の中学校の生徒からも拍手が起こり、全員が1つになりとても盛り上がりました。この経験を活かして今後の練習に励んでいって欲しいです。
滋賀県ソフトボール協会の方や、各中学校の顧問の先生方のご協力のお陰でとても良い雰囲気の中、講習会を行うことができました。今回の講習会を通して、一人ひとりがソフトボールの奥深さに興味を持ち、楽しさを知り、今後もソフトボールを続けていってくれると嬉しいです。
ご協力いただいた関係者の皆さま、ありがとうございました。

全体写真
松下 美稀選手
樋口 麻知子選手

バックナンバーはこちら

インフォメーションリンク