SGホールディングス
トップページ 陸上競技部紹介 部員紹介 スケジュール 競技結果
TOPページ競技結果過去の競技結果2008年の競技結果
競技結果
応援Message
 
  競技結果
第41回日本女子1部リーグ第1節
平成20年4月20日(日)京都府京都市 西京極野球場
〔結果〕
  1 2 3 4 5 6 7 合計 安打 失策
佐川急便 2 0 3 0 1 3 2 11 14 0
日立マクセル 1 0 0 0 0 0 1 2 7 2
 バッテリー
佐川急便 :  ターニャ・ハーディング・帰山 悦子・長山 祐子   −   福田 彩香
日立マクセル :  森川・豊崎・中島・森川   −   藤原
 二・三塁打、本塁打
佐川急便 :  外山 美紀・中村 歩(二)、松下 友里・柳瀬 友紀(三)、中村 歩・ステーシー・ポーター(本)
日立マクセル :  阿部(二)
 戦評
佐川急便は初回 2番・中村(歩)選手が、初球をたたきレフトオーバーの先制本塁打。2死後 4番・ポーター選手も左中間本塁打を放ち、幸先よく2点を先取。その裏日立マクセルも、3安打を集中させ1点を返す。
3回 佐川急便は、1番・宗利選手が中前安打で出塁、1死後 3番・松下選手のライトオーバーの3塁打で生還。
ポーター選手が四球で続き、ここで5番・高木選手の内野ゴロの間に松下選手がホームインし、4点目。6番・日高選手も遊撃内野安打で繋ぎ、この回 計3点を奪い試合の主導権を握る。6回から先発・ハーディング選手をリリーフした帰山選手も好投を見せ、最終回には公式戦初登板となる長山選手もリリーフし、1点を返されたものの、試合を締めくくった。
ハーディング選手は、今季初勝利。佐川急便は先発全員安打(14安打)で大勝。
インフォメーションリンク