SGホールディングス
トップページ 陸上競技部紹介 部員紹介 スケジュール 競技結果
TOPページ競技結果過去の競技結果2016年の競技結果
競技結果
応援Message
 
  競技結果
第49回日本女子1部リーグ第6節
2016年9月10日(土)熊本県八代市 熊本県営八代運動公園野球場
〔結果〕
  1 2 3 4 5 6 7 8 合計 安打 失策
伊予銀行
ヴェールズ
0 1 0 0 1 0 0 2 4 10 1
SGホールディングス
ギャラクシースターズ
0 0 0 0 2 0 0 × 2 7 0
 バッテリー
伊予銀行 ヴェールズ  :  木村 − 池田
SGホールディングス ギャラクシースターズ  :  カーヤ・パーナビー − 山科 真里奈
 打撃成績
伊予銀行 ヴェールズ  :  池田(二)、對馬(二)
SGホールディングス ギャラクシースターズ  :  田中 里依(二)
 戦評
SGホールディングス ギャラクシースターズはカーヤ・パーナビー投手、伊予銀行 ヴェールズは木村投手の先発で試合は始まります。
2回表と5回表に1点ずつ奪われたギャラクシースターズは、5回裏、9番・兵頭花帆選手がレフト前ヒットで出塁、1番・田中瑠璃選手の打球がフィールダースチョイス(※1)となり無死1・2塁とすると、1死後、3番・ステーシー・ポーター選手が故意四球で出塁し、1死満塁の場面で4番・田中里依選手が左中間へ同点となる2点タイムリーヒットを放ちます。
その後、両チームともランナーを出すも双方投手粘りのピッチングで6回、7回は共に無得点。2対2の同点のままタイブレイカー(※2)に突入しますが、ギャラクシースターズは8回表、2点の追加点を奪われ、その裏の攻撃もおよばず結果4対2で敗戦しました。

※1 フィールダースチョイス(野手選択)
フェアのゴロを扱った野手が、打者走者を一塁でアウトにする代わりに、前を走る走者をアウトにしようとして、他の塁に送球する行為。その結果アウトが一つも取れなかった場合。

※2 タイブレーカー
ソフトボールで7回を終わって同点の場合に、勝敗を早くつけるために行うゲーム方法。前イニングの最終打者を2塁走者として、無死2塁からプレーを開始する。

4番ステーシー・ポーター選手

左中間へ2点タイムリーを放った、5番田中里依選手

捕手山科真里奈遊撃手と息の合ったプレーで盗塁を阻止した、遊撃手寺本有希選手

インフォメーションリンク